自律神経に効く癒しのピアノBGM

私たちは、癒しのピアノBGM音楽にこだわります。

私たちは癒しの音楽にこだわり、やさしいピアノで心が落ち着くBGMを制作しております。自律神経によく聞く特殊なピアノ、ストレスやイライラも解消出来る様な音楽をご提供しております。オリジナリティーあふれる独自のピアノフレーズであなたを癒しの世界にご案内します。癒しのピアノはリハビリ効果にも最適で音楽療法としても使われています。癒しのピアノはあまり強弱をつけない弾き方で制作し、映像があれば音が映像に勝ってはいけません。後ろで静かに鳴っている…そんな音楽です。このサイトに来て下さったあなたに少しでもお役に立てるようにこれからずっと癒しの音楽BGMを作り続けて行きます。Amazonから視聴にきたお客様はこちらの全商品視聴一覧ページが便利です。又、同人音楽の森では宗次郎さんのオカリナ用ピアノ伴奏や最近の注目曲等の癒しピアノをダウンロード販売しております。同人音楽の森どうぞご利用ください。

 

音楽療法とは…

高齢者の音楽療法では回想法という手法が用いられます。元気だったころの自分を思い出すことで、自信を取り戻してもらうのです。そのため、昔の流行歌や童謡などを題材にすることが多いといいます。音楽療法で期待できる主な効果 老人ホームなどで暮らす高齢者は受け身になりやすいが、音楽を通じて交流が生まれ、気分転換になる なつかしい思い出がよみがえり、会話が生まれるきっかけになる 昔を振り返って一緒に歌を歌ったり、合奏したりすることで連帯感が生まれる 心肺機能が活用できる。声が出にくい人でもハミングやリズムを取ることなどで、自分なりの表現ができる ハーモニカやリコーダーは呼吸訓練、打楽器は手などの機能訓練にもなる 楽器の操作を学んだり演奏に加わったりすることで、達成感が生まれるじゃどう音楽療法士がいいのか。発声するとういうことは脳神経を刺激します。声をだすことは腹式呼吸で肺にいいわけです。呼吸をすれば血のめぐりだってよくなります。また楽器をもたすことは手先や手足の神経を刺激する運動になります。第1音楽は・・・だれだって好きなものなのです近年、音楽のもつ力を利用した「音楽療法」が、お年寄りの介護の現場で広まっています。音楽療法により、体や心の状態を改善したり、コミュニケーションを図る機会を増やすなどの効果が期待できます。続きを読む